ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

近年、サイバー攻撃による被害は増加の一途をたどっています。企業にとって、競争力の源泉となる機密情報を守るために、どのようにセキュリティ対策を講じていくかは、経営における必須かつ喫緊の課題となっています。

一方で欧州では、 EU一般 データ保護規則の施行が2018 年5月25日と間近に迫っています。同規則に違反した場合、企業グループの全世界売上高の4% 以下という莫大な金額の制裁金が課される可能性があり、日本企業にとっても早急に対応策を検討する必要があります。

本セミナーでは 、2001 年から約13年間にわたって、米国のサイバーセキュリティ戦略を最前線で指揮をしてきた前FBI長官のロバート ・ミュラーをはじめとする 日米欧の専門家が、最新のサイバーセキュリティの動向、個人情報保護の実務およびその対策手順の解説など、ITと法務の両側面のトピックを通じて、日本の経営者層の皆様に具体的な経営視点を提示いたします。

また、経済産業省からも有識者の方々をゲストスピーカーとしてお迎えし、日本の国際サイバー戦略およびデータ保護戦略の最前線をご紹介いたします。

講師プロフィール

講師写真

森 清(もり きよし)氏
経済産業省 政策評価審議官兼サイバー国際経済政策統括調整官

東京大学法学部卒、ハーバード大学ケネディスクール修士、ブルッキングス研究所ゲストスカラー。通商産業省入省後、JETROロンドンセンター産業調査員、資源エネルギー庁国際課長、中東アフリカ課長、資源・燃料部政策課長、通商金融・経済協力課長、大臣官房審議官(貿易経済協力局兼戦略輸出担当)などを経て、2014年より総務省に出向(情報通信国際戦略局次長)。2016年6月より、政策評価審議官兼サイバー国際経済政策統括調整官。

講師写真

佐野 究一郎(さの きゅういちろう)氏
経済産業省 商務情報政策局情報経済課長

東京大学法学部卒業後、経済産業省入省。内閣官房知的財産事務局員、富山県商工労働部長、大臣官房政策審議室企画官などを経て2014年10月より商務情報政策局 情報経済課長。

講師写真

ロバート・ミュラー(Robert S. Mueller III)
ウィルマーヘイル法律事務所ワシントンDCオフィスパートナー弁護士
前・アメリカ合衆国連邦捜査局(FBI)長官(2001年-2013年)

9.11のテロ攻撃の一週間前である2001年9月4日に第6代連邦捜査局(FBI)長官に就任。 極めて困難な時期にFBIを率いただけでなく、FBIを伝統的な法執行機関から諜報に基づく国家安全保障組織に変革させたことで幅広く高い評価を得ている。
プライバシー及びサイバーセキュリティ関連問題での経験で幅広く知られており、主な専門分野は、調査、危機管理、プライバシー及びサイバーセキュリティ業務など。

日時 2016年10月26日(水)9:15-17:30(開場8:45)
会場
103-0027 東京都 中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー
「日本橋駅」B6番出口直結
「東京駅」八重洲北口徒歩6分
「三越前駅」B6出口徒歩3分
参加費 無料(事前登録制)
定員 400名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象 企業経営者様、法務担当者様、IT・セキュリティ担当者様
主催
共催 株式会社インターネットイニシアティブ・ウィルマーヘイル法律事務所
協賛
申込締切 2016年10月24日(月)まで
プログラム
9:15-9:20

ご挨拶

株式会社インターネットイニシアティブ
代表取締役社長 勝 栄二郎

9:20-10:45

A-1 サイバーセキュリティセッション1

■9:20-9:45
基調講演:「日本の国際サイバー戦略」

経済産業省 通商政策局サイバー国際経済政策統括調整官
森 清 氏

■9:45 -10:45
「米国のサイバーセキュリティ最前線」

ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
前アメリカ合衆国連邦捜査局(FBI)長官
ロバート・ミュラー(Robert S. Mueller III)

10:45-11:00

休憩

11:00-12:35

A-2 サイバーセキュリティセッション2

■11:00-11:25
「日本におけるサイバー攻撃の現状」

株式会社インターネットイニシアティブ
セキュリティ本部 シニア・エンジニア
根岸 征史

■11:25-12:00
パネルディスカッション:「日米欧のサイバーセキュリティの実務」

西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士
平尾 覚 氏


西村あさひ法律事務所 アソシエイト弁護士
(元警察庁情報通信局情報技術解析課サーバーテロ対策技術室)
北條 孝佳 氏


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
ロバート・ミュラー(Robert S. Mueller III)


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
マーティン・ブラウン(Martin Braun)


ウィルマーヘイル法律事務所 シニアアソシエイト弁護士
杉本 武重


■12:00-12:35
パネルディスカッション「サイバーセキュリティの実践 -法務とIT」

森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士
飯田 耕一郎 氏


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
マーティン・ブラウン(Martin Braun)


ウィルマーヘイル法律事務所 シニアアソシエイト弁護士
杉本 武重


株式会社インターネットイニシアティブ
セキュリティ本部 シニア・エンジニア
根岸 征史

12:35-13:30

昼食(A-2セッションをお申し込みの方にお弁当を用意しております。)

13:30-14:55

A-3 データ保護セッション1

■13:30-13:55
基調講演:「日本のグローバル個人情報保護・データ保護法戦略」

経済産業省 商務情報政策局情報経済課長
佐野 究一郎 氏

■13:55-14:55
「EUデータ保護法の最新実務」

ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
フレデリック・ルイ(Frédéric Louis)


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
マーティン・ブラウン(Martin Braun)

14:55-15:10

休憩

15:10-15:50

A-4 データ保護セッション2

■15:10-15:30
「ITにおけるGDPR対応の具体的方策」

IIJ Europe Limited Director
小川 晋平

■15:30-15:50
「データ保護に対する日本企業のユーザー事例:IIJの個人データ保護への取り組み」

株式会社インターネットイニシアティブ 技術主幹
三膳 孝通

15:50-16:05

休憩

16:05-17:25

A-5 データ保護セッション3

■16:05-16:45
パネルディスカッション「日本企業のEU GDPR(一般データ保護規則)への対応」

西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士
岩瀬 ひとみ 氏


渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 シニアパートナー弁護士
由布 節子 氏


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
マーティン・ブラウン(Martin Braun)


ウィルマーヘイル法律事務所 シニアアソシエイト弁護士
杉本 武重



■16:45-17:25
パネルディスカッション「日本企業のグローバルデータ保護コンプライアンス」

長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士
鈴木 明美 氏


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
ロバート・ミュラー(Robert S. Mueller III)


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
マーティン・ブラウン(Martin Braun)


ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
フレデリック・ルイ(Frédéric Louis)


ウィルマーヘイル法律事務所 シニアアソシエイト弁護士
杉本 武重

17:25-17:30

閉会のご挨拶

ウィルマーヘイル法律事務所 パートナー弁護士
フレデリック・ルイ(Frédéric Louis)

パネリストプロフィール

講師写真

飯田 耕一郎(いいだ こういちろう)氏
弁護士・カリフォルニア州弁護士/森・濱田松本法律事務所 パートナー

1994年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。1996年森綜合法律事務所(現:森・濱田松本法律事務所)入所。2007年1月パートナー弁護士。IT関連法務と訴訟・紛争解決、危機管理対応を専門分野とし、多数の企業に平時の内部管理体制構築について法的アドバイスを提供し、システム障害、個人情報漏洩等の有事対応にも携わる。また、自らも社外監査役として上場企業のリスク管理に参画する。セミナー講師を多数つとめ、歯切れ良く分かりやすい解説には定評がある。「裁判例から導かれるシステム開発の進め方」(ビジネス法務2013年1月号)、「企業におけるITリスク」(月刊監査役 No.591、「システム開発における役員の責任」(月刊監査役No.510)等、多数執筆。

講師写真

岩瀬 ひとみ (いわせ ひとみ)氏
西村あさひ法律事務所パートナー

1997年弁護士登録、2004年米国ニューヨーク州弁護士登録。国内外の知財関連取引(ライセンス契約、共同開発契約等)、知財紛争、システム関連紛争、個人情報保護法・プライバシー、情報セキュリティ関連の案件等、知財やITが絡む案件を幅広く扱う。

講師写真

鈴木 明美(すずき あけみ)氏
長島・大野・常松法律事務所パートナー

1999年慶應大学法学部法律学科卒業、2000年弁護士登録(第一東京弁護士会)。2006年スタンフォード・ロースクール修士(LL.M.)課程修了、2007年米国ニューヨーク州弁護士登録。 主な取扱分野は、クロスボーダーを中心とするM&A取引、企業法務一般であり、国内外の企業に対するデータ保護規制に関する助言も多く手がける。 近時の著作として『コーポレートガバナンス改革がM&A取引実務に与える影響』(2016年8月、M&A専門誌MARR)、『Getting the Deal Through - Data Protection & Privacy 2016 Japan』(2015年9月、Law Business Research Ltd)ほか。

講師写真

平尾 覚(ひらお かく)氏
西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士

1998年、検事任官。福岡地検検事、法務省刑事局局付検事(総務課、刑事課担当)、福岡地検久留米支部長、東京地検特捜部検事等を経て、2011年4月、退官、弁護士登録、西村あさひ法律事務所勤務。現在、社内不祥事対応、公正取引委員会、証券取引等監視委員会等の当局対応を数多く担当。

講師写真

北條 孝佳(ほうじょう たかよし)氏
西村あさひ法律事務所 アソシエイト弁護士
元警察庁情報通信局情報技術解析課サイバーテロ対策技術室

2000年、警察庁入庁。元警察庁技官。NTT情報流通プラットフォーム研究所出向、警察大学校警察情報通信研究センター、警察庁情報通信局情報技術解析課にてサイバー攻撃対応等、数多くの事案を経験。東京大学生産技術研究所との共同研究や標的型攻撃解析・分析等に従事し、2014年11月辞職、2015年弁護士登録(東京弁護士会所属)、西村あさひ法律事務所勤務。現在、社内不祥事、サイバー攻撃対応等を担当。

講師写真

由布 節子(ゆふ せつこ)氏
弁護士 渥美坂井法律事務所。外国法共同事業 シニア・パートナー
同事務所 独禁法グル―プ及びEU法グループのヘッド

80年代欧州大陸で日本の弁護士の草分けの一人としてEU法を学び、ブリュッセルの法律事務所で勤務。帰国後はEU競争法、環境法等EU関連案件を手掛け、日本とのEPA交渉では事務所のチームと共に、EU側でアドバイス。公正取引委員会独禁法懇話会メンバー。日本EU学会理事。

講師写真

三膳 孝通(みよし たかみち)
株式会社インターネットイニシアティブ 技術主幹

東京工業大学大学院時代(1990年頃)より、インターネットの運用に関わる。1993年4月に株式会社インターネットイニシアティブ企画(現・インターネットイニシアティブ)に入社。インターネットサービスの立ち上げ、及びサービス設備の運用に従事。その後、サービス開発、戦略企画担当などを経て、常務取締役(技術戦略担当)として総務省などの研究会に数多く参加。2015年6月より、現職。

講師写真

根岸 征史(ねぎし まさふみ)
株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティ本部 シニア・エンジニア

外資系ベンダー等で、ネットワーク構築、セキュリティ監査、セキュリティコンサルティングなどに従事。2003年 IIJ Technologyに入社、セキュリティサービスの責任者として、セキュリティ診断など数多くの案件を担当。現在は IIJのセキュリティインシデント対応チームに所属し、主にセキュリティ情報の収集、分析、対応にあたっている。2007年より SANSトレーニングコースのインストラクター、2012年より OWASP Japan Advisory Boardのメンバーでもある。

講師写真

小川 晋平(おがわ しんぺい)
IIJ Europe Limited Director

2000年よりIIJのサービス開発及び各種プロジェクトマネージメントを担当。
2011年よりIIJ ビジネスのグローバル展開に従事し2014年より欧州に赴任中。
事業継続マネージメント等、経営リスクへのIT対応の専門家として活躍。

講師写真

フレデリック・ルイ
ウィルマーヘイル法律事務所ブリュッセルオフィス・パートナー
ブリュッセル弁護士会弁護士(ベルギー弁護士)

1991年ブリュッセル自由大学卒業(magna cum laude)、1992年ロンドン大学法学修士課程卒業(LL.M)。2002年からウィルマーヘイル法律事務所ブリュッセルオフィス・パートナー、現在に至る。カルテル規制、並行輸入及び支配的地位の濫用の調査・訴訟、企業結合規制及び国家補助調査といったEU競争法全般及びデータ保護法を主な取扱分野とする。ルイ氏は同氏は日本企業及び多国籍企業に対し、管轄と地域的範囲、情報通知、仮名化と匿名化、標準契約条項や拘束的企業準則による個人データの越境移転、カルテル調査の関係での外国法執行要求の論点、オンラインマーケティングを含むデータ保護法及び総合的なコンプライアンスの論点に関する助言を提供している。

講師写真

マーティン・ブラウン
ウィルマーヘイル法律事務所フランクフルトオフィス・ブリュッセルオフィス・パートナー
フランクフルト・アム・マイン弁護士会弁護士(ドイツ弁護士)

2001年ハイデルブルグ大学(国際公法・インターネット規制)法学博士号取得。2009年からウィルマーヘイル法律事務所フランクフルトオフィスパートナー、2016年同事務所ブリュッセルオフィスパートナーを兼務し、現在に至る。アウトソーシング、IT及びデータ保護法を主な取扱分野とする。ソフトウェア・ライセンシングの分野では、ブラウン博士はオープンソース・ソフトウェアーに関する知識で有名である。ブラウン博士はドイツ及び多国籍企業に対し、標準契約条項や拘束的企業準則による個人データの越境移転、データセキュリティ、電子ディスカバリー及び一般的な文書保持の論点を含むデータ保護法及び総合的なコンプライアンスの論点に関する助言を行っている。

講師写真

杉本 武重(すぎもと たけしげ)
ウィルマーヘイル法律事務所ブリュッセルオフィス・シニアアソシエイト
弁護士(日本国、ブリュッセル弁護士会(アソシエイトメンバー)、米国ニューヨーク州)

2004年3月慶應義塾大学法学部法律学科卒業、2006年10月長島・大野・常松法律事務所入所。2012年6月シカゴ大学ロースクール法学修士課程卒業(LL.M)、2013年7月オックスフォード大学法学部法学修士課程卒業(Magister Juris)、2013年8月ウィルマーヘイル法律事務所入所、同年9月から同事務所ブリュッセルオフィス・アソシエイト。2015年1月から同オフィス・シニアアソシエイト。現在に至る。EUデータ保護法の分野では、標準契約条項や拘束的企業準則による個人データの越境移転にあたって必要な各国データ保護機関に対する事前通知や事前承認取得手続、EU一般データ保護規則のコンプライアンス対応について依頼者に助言を行っている。

※ すべてのセッションが日英・英日の同時通訳付きとなります。講師へご質問等は日本語でもお受けいたします。

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJ グローバルセミナー事務局
03-5205-6362
global-marketing@iij.ad.jp