ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

企業のビジネスや業務にクラウド、モバイル、IoT、AIといった最新のテクノロジーを組み込み、デジタル化する動きが加速しています。一連のデジタル化は社会とビジネスを大きく変え、様々な領域で変革を起こします。
一方、デジタル化で様々なヒト・モノ・コトがつながると、セキュリティの脅威はますます増大します。ただでさえサイバー攻撃の手口は巧妙化しており、情報流出やサービス停止といった事件が連日のように報道されています。
こうした状況下で、企業・組織には一貫性のあるセキュリティ対策の確立と実施が強く求められます。だが、政府が「質的にも量的にも圧倒的に不足している」と指摘するように、日本国内ではセキュリティ人材が24万人以上足りないとされています。
サイバー攻撃が経営リスクとなりつつある今、セキュリティ人材不足を乗り越え、確固たるセキュリティ対策を講じるためには、どうすればよいのか――。
本セミナーでは専門家による講演と、実際に起こった事件などを題材としたパネルディスカッションを通じて、企業・組織が今後取るべき対策を探ります。ぜひご参加ください。

日時 2016年11月18日(金) 13:20-17:00(12:50開場)予定
会場
東京都 千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル 3F
「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
参加費 無料(事前登録制)
定員 200名(定員に達成次第締めきり)
対象 ユーザー企業の情報システム部門にお勤めの責任者、リーダー等
主催 ITpro Active
共催 株式会社インターネットイニシアティブ、日本マイクロソフト株式会社
協賛
申込締切 2016年11月17日(木)17:00まで
プログラム
13:20-14:05
(45分)

【基調講演】セキュリティの人材不足を克服する「セキュリティ経営」の心得

株式会社ディアイティ
クラウドセキュリティ研究所所長
河野 省二 氏

セキュリティ人材が数万人単位で必要だと言われていますが、実際にプロフェッショナル資格を持っている専門家は数千人しか存在しません。国内に情報セキュリティが普及し始めて15年程度で数千人なのに、数年で数万人を育成するのは困難です。
情報セキュリティ人材に依存しないシステム構築運用環境をどのように作ればよいのか。現実的な経営問題としての人材育成とITサービス調達についての解決策についてお話します。

14:05-14:50
(45分)

IIJのマネージドサービスで実現するセキュリティ対策

株式会社インターネットイニシアティブ
セキュリティ本部 セキュリティビジネス推進部 部長
齊藤 斎 氏

クラウド、オンプレ問わず、標的型攻撃、ランサムウェア、DDoSなどの脅威が高度化、複雑化してきています。本セッションでは、そのような脅威に対して、IIJのマネージドサービスがどのように貢献できるかをご説明いたします。

14:50-15:05
(15分)

-Break-

15:05-15:50
(45分)

デジタルビジネス時代だからこそ求められるクラウドセキュリティ運用

日本マイクロソフト株式会社
ホスティング&マネージドサービス プロバイダービジネス本部
パートナーホスティングチャネルエグゼクティブ
後藤 里奈 氏

マイクロソフトは、世界でも有数のサイバー攻撃に晒される組織です。その一方、過去に一度も社内への侵入や情報漏えいが発生したことのない、堅牢なセキュリティ対策も実現しております。当セッションでは、その仕組みの裏側を様々な切り口でご紹介致します。

15:50-17:00
(70分)

【パネルディスカッション】最新事例に見るサイバー攻撃の動向と対策の勘所

パネリスト(五十音順)
株式会社ディアイティ クラウドセキュリティ研究所 所長
河野 省二 氏

日本マイクロソフト株式会社
ホスティング&マネージドサービス プロバイダービジネス本部
パートナーホスティングチャネルエグゼクティブ
後藤 里奈 氏

株式会社インターネットイニシアティブ
セキュリティ本部 セキュリティビジネス推進部 部長
齊藤 斎 氏

東京電機大学教授 サイバーセキュリティ研究所所長
(内閣官房サイバーセキュリティー補佐官) 工学博士
佐々木 良一 氏

モデレーター
日経BPイノベーションICT研究所 上席研究員
井出 一仁

標的型攻撃をはじめとするサイバーセキュリティ上の脅威によって、顧客情報などを窃取される被害は、件数も規模も拡大を続けています。最近では、組織内に侵入して重要ファイルを暗号化するランサムウエアによる被害も急増中です。多様化・高度化するサイバー攻撃に対して、企業・組織は技術面と組織・体制面でどのように対処していけばいいのか。クラウド化の進展、モバイル活用、IoTなどの企業システムの環境変化と、最新のインシデント事例を踏まえながら、対策のポイントについて議論します

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
03-6824-9376