ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

リモートワーク促進やDXの加速に世界の(日本の)トランザクション量は大幅に増加すると言われています。

一方でその背景を利用する闇ビジネスの市場も劇的に拡大され、攻撃者たちはより巧妙な手口をあみだし、企業や公共機関は、BCPの在り方そのものの見直しに直面しています。

当セッションでは、この環境下、どのような新たな攻撃が増えて、どのような対応策を実践すべきなのか、そして「組織に求められる運用体制とは」を事例を交え、わかりやすくご説明いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2020年6月25日(木)15:00-16:30
会場
※詳細はお申込み後にご案内いたします。
※参加者様は、カメラやマイクをONにして頂く必要はございません。
参加費 無料(事前登録制)
定員 200名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象 ユーザ企業における情報システムご担当者さま
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催 サイバーリーズン・ジャパン 株式会社
株式会社IIJグローバルソリューションズ
協賛
申込締切 2020年6月24日(水)17:00まで
プログラム
14:45-15:00

受付

15:00-15:05

ご挨拶

15:05-15:45

アフターコロナ後の世界の新型脅威とは

サイバーリーズン・ジャパン株式会社
セールスエンジニア部 SEマネージャー 遠藤 肇

15:45-16:20

New Normal時代に求められるハイブリッド・トラスト構成

株式会社IIJグローバルソリューションズ
営業本部 ビジネス開発部 シニアコンサルタント 高柳 勇佑

16:20-16:30

質疑応答

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様、個人の方、自営業の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
06-7638-1400
seminar-osaka@iij.ad.jp