ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

施行まで残り1年を切ったEUの一般データ保護規則(GDPR)への対応を皆様順次進められていると思います。
IIJは実際にGDPRの対応を進めていかれる中で困る部分を解決していくお手伝いとなることを目指し、「実践的GDPR対応セミナー」を定期開催することといたしました。
 
今回はその第1回のセミナーとなります。
ガイドラインが徐々に出始めておりますので、そちらをギブソン・ダン・クラッチャー法律事務所の杉本弁護士が解説いたします。特に今回は同意の取得や違反時の72時間以内の監督機関への報告といった部分に関してもいち早く情報をお届けします。

また、IIJからは
・具体的なDPIAや72時間以内の報告をどのように実装していくのか?
・過去の制裁金の傾向分析を行い、何が目をつけられるのか?
・どこが制裁金減額の要素なのか?

というヒントを共有したいと思います。
最後にIIJの欧州統括拠点はロンドンにあるため、IIJ自身もBrexitの影響を大きく受けることになります。GDPRとBrexitの関係についても解説をしたいと思います。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2017年6月21日(水)13:30-17:20(開場13:00)
会場
JR 中央・総武線「飯田橋駅」
西口改札口から、徒歩1分

東京メトロ 有楽町線「飯田橋駅」/南北線 「飯田橋駅」
神楽坂下方面B2a出口から徒歩2分

東京メトロ 東西線 「飯田橋駅」
A4出口からJR線路沿いに坂を上り、徒歩5分

都営地下鉄 大江戸線「飯田橋駅」
「飯田橋駅」から、地下道を通り(約8分)神楽坂下方面B2a出口から徒歩2分
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名(定員超過の場合は恐縮ですが締め切りさせていただくことがございます)
対象 欧州でビジネスをされている全てのお客様/特に一般消費者の個人情報を扱う企業(B2C)/GDPRのガイドラインについて詳細をお聞きになりたいお客様/経営者/法務部門/情報システム部門/人事部門/総務部門/内部監査部門/個人情報を扱う事業部門
主催
共催 株式会社インターネットイニシアティブ、ギブソン・ダン・クラッチャー法律事務所ブリュッセルオフィス
協賛
申込締切 2017年6月20日(火)まで
プログラム
13:30-13:35
(5分)

ご挨拶

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング部 部長
小川 晋平

13:35-16:05
(140分)

EU一般データ保護規則(GDPR)に関するガイドラインおよび同意と個人データ侵害通知に関するガイドラインの準備状況に関する解説

ギブソン・ダン・クラッチャー法律事務所
ブリュッセルオフィスオブ・カウンセル 弁護士
(ブリュッセル弁護士会(準会員) ニューヨーク州、日本国)
杉本 武重

発行済みガイドラインと今後発行されるガイドラインの論点を10分間の休憩をいれながら前半と後半にわけて解説いたします。
前半95分は第29条作業部会が2017年4月に公表した3つのGDPRに関するガイドライン(データ保護責任者、データポータビリティ、主導監督当局の特定)の最終版、および同月に同作業部会が新たに公表した4つ目のGDPRに関するガイドラインであるデータ保護影響評価に関するガイドラインのドラフトを解説します。
後半45分で今後、第29条作業部会がガイドラインを公表する予定である論点のうち、同意(Consent)や個人データ侵害通知(Personal Data Breach Notification)(個人データ漏洩の場合のデータ保護監督当局に対する通知)についても簡単な解説を行います。後者の解説については、英国の情報コミッショナーオフィスが2017年3月に公表した同意(Consent)に関するガイドラインのドラフトの内容、第29条作業部会が2014年に公表した個人データ侵害通知に関する意見書、ならびにベルギー・ブリュッセルにおける欧州委員会、データ保護監督当局および産業界によるGDPRのガイドラインに関する最新の議論の内容を踏まえた上で行います。

16:05-16:35
(30分)

データ保護影響評価と個人データ侵害通知に関するIT論点での解説

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング部 部長
プリンシパルコンサルタント
小川 晋平

データ保護影響評価(DPIA:Data Protection Impact Assessment)の具体的な方法例と、個人データ侵害時の72時間以内の監督機関への通知を支援するIT対策および業務フローの具体例について解説します。

16:35-16:45
(10分)

-Break-

16:45-17:05
(20分)

最近のデータ保護違反制裁金事例の傾向分析、BrexitとGDPRのシナリオ

株式会社インターネットイニシアティブ
ビジネスリスクコンサルティング部
プリンシパルコンサルタント
鎌田 博貴

英国のデータ保護機関、ICOの最近の制裁金事例について、事案の傾向(不十分な同意、目的外使用、保護措置義務違反など)、制裁金決定で監督機関が重視するポイント、制裁金加重・軽減事由のパターンなどを解説します。また、欧州各国の中でも日系企業が最も多い英国について、Brexit後の英国データ保護法制がGDPRとの関係においてどうなるかの見通しについて解説します。

17:05-17:20
(15分)

Q&Aセッション

講師:杉本武重、小川晋平、鎌田博貴

具体的にお客様の中でGDPR対応を進めるにあたって、困っていらっしゃることなどございましたら、既に対応を進め、経験豊富な杉本弁護士やIIJのメンバーにご質問ください。

※GDPRの概要は説明いたしませんので、ある程度検討が進んでいる方々が対象となります。
※大変申し訳ございませんが、本セミナーはエンドユーザ様向けのセミナーの為、弊社と競合するサービスをお持ちの企業、個人、学生の方からのお申し込みはお断りする場合がございます事をご了承くださいませ。
※受講票はメールでお送りしますので、当日ご持参ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp