ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです

連日メディアを賑わせているセキュリティの脅威。ランサムウェアだけでなく日々新しい攻撃手法が登場しており、企業に求められるサイバーセキュリティは進化し続けています。

IIJでは業種業界を問わず、最先端のセキュリティ対策を講じられるよう、ありとあらゆる製品・サービスを駆使し、かつそれらを適切に運用することにより、安全性を確保しています。

本セミナーでは、各省庁でも推奨されている「多層防御」の考えを基に、今どういった脅威があり、またそれらをどのように防いでいくか、実績を踏まえながらご紹介します。

クラウドからエンドポイントまで、理想的な多層防御の検討にぜひお役立てください。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2017年12月7日(木)13:30-17:00(開場13:00)
会場
※ JR広島駅1F北出口(新幹線口)から、徒歩1分
参加費 無料(事前登録制)
定員 30名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象
主催
共催 株式会社日立ソリューションズ、株式会社インターネットイニシアティブ
協賛
申込締切 2017年12月6日(水)17:00まで
プログラム
13:30~13:40
(10分)

ご挨拶

13:40~14:30
(50分)

最新のサイバー攻撃動向と多層防御

株式会社インターネットイニシアティブ
セキュリティ本部セキュリティ推進部 シニアコンサルタント 片桐 卓

日々進化し巧妙化するサイバー攻撃の動向についてふれるとともに、認知度が高まった「多層防御」は一般的な企業ではどこまでを考慮すべきなのか、具体事例をふまえてご紹介します。また、社内CSIRTの必要性や、製造業を中心に拡大しているIoT分野のセキュリティなどについても、本講演で幅広くご説明します。

14:30-14:40
(10分)

-Break-

14:40~15:30
(50分)

インシデント対応事例から考えるセキュリティ運用

株式会社インターネットイニシアティブ
中四国支店 副支店長 山本 伸介

企業に求められるセキュリティ対策は多様化の一途を辿り、 様々なセキュリティ製品やサービスが提唱されています。
本講演では、実際に発生したセキュリティインシデントへの対応事例から、製品・サービス選定時に盲点となりがちな「運用」にフォーカスして、セキュリティ運用のあり方や 重要性をご説明します。

15:30-15:40
(10分)

-Break-

15:40-16:30
(50分)

セキュリティ対策のレシピ公開中~エンドポイント編~
AIで実現するシンプルで理想的なマルウェア対策

株式会社日立ソリューションズ
セキュリティプロダクト第1部 課長 真島 秀一

未知のマルウェア対策として昨今出てきている製品は、インシデント発生後の検知手段であるものが多く、未然に防ぐものではありません。AI技術を利用し、一つの製品で既知・未知問わず脅威の発生を未然に防ぐ、理想的なマルウェア対策製品「CylancePROTECT」をご紹介します。

16:30-17:00
(30分)

質疑応答

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJ中四国支店
082-543-6581
support-sdhiro@iij.ad.jp

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る