ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

多くの企業で経済活動の回復に向けた動きが進む一方で、攻撃者はこうした状況を逆手に取り、新型コロナウイルスを切り口とした「詐欺メール」も確認されています。

こうしたなりすましメールは年々巧妙化しており、人の意識で防ぐことも限界を迎えています。

ユーザの危機意識が弱まり、テレワークにより端末が社外に拡がる今だからこそ、改めてセキュリティを見直す必要があります。

本ウェビナーでは、なりすましメール・脅威メールの動向をふまえた対策方法を中心に、誤送信などの情報漏えい対策まで、今企業に求められるメールセキュリティ対策をご紹介します。

日時 7月17日、9月16日
各回14:00-14:55(受付13:45) ※同じ内容のセミナーです
会場
■WEBセミナー
開催前日までにURLを送付いたします。

※本セミナーはZoomを利用して配信します。
参加費 無料(事前登録制)
定員 各日30名
対象 ユーザ企業における情報システムご担当者さま
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催
協賛
申込締切
プログラム
13:45-14:00

受付

14:00-14:40

巧妙化する脅威に対抗するためのメールセキュリティとは

株式会社インターネットイニシアティブ
サービスプロダクト推進本部 営業推進部 ネットワークソリューション課 伊藤 果穂

14:40-14:55

質疑応答

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp