ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

テレワークによる柔軟な働き方を支える仕組みとしてマイクロソフトのDaaS(Desktop as a Service)である「Windows Virtual Desktop(WVD)」が、いま注目を集めています。

具体的にWVD導入検討を進める中で、Microsoft Azureの品目選定に苦慮された経験はないでしょうか?
特にストレージ選定は、ユーザビリティに直結する非常に重要なポイントです。

「今使っているVDIからWVDに移行したいが、ユーザからクレームが来るのは困る」
「仮想マシンやストレージの選択肢が多く、自社にとって何が最適な構成かわからない」
「WVDにするからには快適な環境でユーザに利用してほしい」 等、皆様の声にお応えし、

WVD導入成功に向けたストレージの選定ポイントや、Azure品目選定から構築・運用まで全ておまかせのIIJ仮想デスクトップサービス/Citrix Cloud for Windows Virtual Desktopの全貌まで幅広くお届けします。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2020年9月25日(金)14:00-15:00
会場
(Web経由で全国どこからでもご視聴いただけます)
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催
協賛 ネットアップ合同会社
申込締切 2020年9月23日(水)17:00まで
プログラム
13:50-14:00

受付

14:00-14:25

WVDのためのストレージ選定ポイントとANF(Azure NetApp Files)のご紹介

ネットアップ合同会社
ソリューション技術本部SE第1部 ソリューションエンジニア 柿元 太郎

コロナ禍の在宅ワーク推奨によりますます注目を集めているマイクロソフト新仮想デスクトップサービスWVD。
今回、WVDのご紹介とともに環境構築のためのストレージ選定ポイントをパフォーマンス要件など事例を交えてご紹介いたします。
また、合わせてWVD環境に最適なAzureネイティブストレージサービス、Azure NetApp Files(略称ANF)をご紹介いたします。
ANFはNetAppの業界トップレベルのストレージテクノロジーがAzureのクラウド環境でご利用可能であり、本セッションでは、WVDのための最適なクラウドストレージデザインを解説いたします。

14:25-14:50

IIJ仮想デスクトップサービス/Citrix Cloud for Windows Virtual Desktopのご紹介

株式会社インターネットイニシアティブ
ネットワーククラウド本部 エンタープライズサービス部 デジタルワークプレイス推進課 鈴木 亮平

IIJは9/3にCitrix Cloud for Windows Virtual Desktop(WVD)に対応した新しいマネージドサービスを提供開始しました。ユーザ様に快適に使っていただくべく、WVDやCitrix Cloudはお客様要件を基にIIJ推奨設定で提供するため、お客様にて設計・構築は不要です。
Citrix CloudとWVDのパフォーマンスを最大限に引き出す本サービスの特長と共に、WVDとお客様環境とのネットワーク接続構成例、WVDをさらに安心・快適にご利用いただくための周辺サービスまでご紹介いたします。

14:50-15:00

質疑応答

※ 本セミナーはZoomを利用して配信します。
※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様、個人の方、自営業の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp