ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

放送機器のIP化は、いよいよ放送局のエンジニアが関心を寄せる段階になってきました。「まずは触ってみたい」という現場からの言葉を聞くことが増えてきています。いくつかの先行事例やデモンストレーションの活発化もあり、2018年はIP化に対する潮目が変わった年として記憶されることになるでしょう。

VidMeet5では、2018年6月にNHKが主催した「IPライブプロダクション技術検証」について取り上げます。このプロジェクトは5日間の日程で26社、100名以上がかかわった大規模なもので、SMPTE ST 2110を中心とした相互接続検証を目的としたものです。これだけ大規模なVideo over IPの技術検証は日本ではおそらく初めてのことでしょう。

今回はVidMeetでの発表を希望された各社に登壇いただき、参加者に共有する場を設けることにしました。関係者外にプロジェクトの内容が公開・共有される、非常に貴重な機会です。ぜひ積極的な参加をお願いします。

また講演終了後に懇親会の時間を設けました。皆さんの活発な意見交換の場となれば幸いです。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2018年7月23日(月)14:00-19:00(開場13:30)
会場
JR 中央・総武線「飯田橋駅」
西口改札口から、徒歩1分

東京メトロ 有楽町線「飯田橋駅」/南北線 「飯田橋駅」
神楽坂下方面B2a出口から徒歩2分
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名(定員超過の場合は先着順となる可能性がございます)
対象 Video over IP技術に興味のある⽅
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催
協賛
申込締切 2018年7月20日(金)17:00まで
プログラム
 


14:00-14:10
(10分)

オープニング

株式会社インターネットイニシアティブ
配信事業推進部 4K over IP Specialist 山本 文治

14:10-14:40
(30分)

放送の要求仕様に耐えるIPソリューションは可能か?

池上通信機株式会社
製品開発戦略室 放送システム設計、ソリューション提案 今成 歩 氏

弊社では特に、IPによる生放送のインフラ構築を目指し、本検証会ではシステム設計を担当しました。
物理的な世界観と論理/仮想空間をどうすり合せていくべきか?システム構築の際の気付き、見えてきた課題、そして驚きを皆様と共有したいと存じます。

14:40-15:00
(20分)

発表内容

スチューダー・ジャパン-ブロードキャスト株式会社
映像システム部 薗田 啓氏

・弊社で持込みのLAWOのIPソリューション機器およびシステムご紹介
・他社様との接続について
・認識できたこと、やり残したことなど

15:00-15:20
(20分)

発表内容

ヒビノ株式会社
ヒビノプロオーディオセールスDiv ハーマンプロ営業部
セールスマーケティングチーム 大土井 優治 氏

・システムの概要
・実際に接続確認が出来たメーカーのお知らせ
・今後の課題
- 接続確認が出来なかったメーカーさんとの接続確認
- システムレーテンシーの確認

15:20-15:40
(20分)

発表内容

オタリテック株式会社
営業部 河野 洋三 氏

・使用機材ご紹介
・連絡線インターカム Riedel Artist Boleroについて
・IP接続する際の注意点
・今回実現できたこと など

15:40-16:00
(20分)

-Break-

16:00-16:30
(30分)

ライブプロダクション向けIPネットワークの構築をやってみた

アリスタネットワークスジャパン合同会社
技術本部 宗像 裕一郎 氏

・ライブプロダクション向けIPネットワークのシステム概要
・設計と構築の注意点 (マルチキャスト、PTP)
・監視と運用の注意点

16:30-16:50
(20分)

発表内容

テクトロニクス社
ビデオ営業推進 加藤 芳明 氏

・PTPハイブリッド・マスタシンクゼネレータを使用した同期システムの構築について
・SMPTE2110伝送におけるコンテンツレイヤのAVディレイ測定
・IPライブ制作システムの中継におけるPTPの利用と注意点
・その他、実際にやってみて気づいたことや感想など

16:50-17:10
(20分)

発表内容

セイコーソリューションズ株式会社
NS営業技術部 NS営業技術1課 宮脇 信久 氏

・放送システムのIPライブプロダクションを実現する上で必要となる時刻同期(PTP:SMPTE ST 2059)製品のご紹介及びPTP時刻同期精度の測定結果のご報告
・IPネットワークの構築運用を担ったコンソールサーバー「SmartCS」のご紹介と役割について

17:10-17:20
(10分)

-Break-

17:20-18:00
(40分)

パネルディスカッション「IPライブプロダクション技術検証を終えて」

【チェア】
株式会社インターネットイニシアティブ
配信事業推進部
4K over IP Specialist 山本 文治

【パネリスト】
池上通信機株式会社
製品開発戦略室 放送システム設計、ソリューション提案 今成 歩 氏

アリスタネットワークスジャパン合同会社
技術本部 宗像 裕一郎 氏

テクトロニクス
ビデオ営業推進 加藤 芳明 氏

日本でおそらく初めてと思われる大規模な相互接続検証に取り組んだ各社から、ベースバンド、IP、同期信号それぞれの立場から今回得られた知見を共有していただきつつ、今後必須となる「映像・音声と通信の融合」についてどのような取り組みが必要かを議論します。

18:10-19:00
(50分)

Pizza & Drink

参加者同士の交流の場として、軽食およびお飲物を用意いたしました。大いに議論していただければ幸いです。費用不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp