ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

対策をしているのに届き続ける不審なメール・・近年では、ビジネスメール詐欺による金銭被害やランサムウェアによる業務停止など企業へのリスクが高まっています。

本セミナーでは、今本当に必要なメールセキュリティ対策と先進的なAI を活用した検知手法をサービスで実現する方法をお伝えします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時 東京 2018年9月13日(木)15:00-17:30(開場14:30)
大阪 2018年10月18日(木)15:00-17:30(開場14:30)
名古屋 2018年10月19日(金)15:00-17:30(開場14:30)
会場
参加費 無料(事前登録制)
定員 40名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象 社員数が10名~1000名規模のユーザ企業における情報システムご担当者さま(競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。)
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催 Vade Secure 株式会社
協賛
申込締切 東京 2018年9月7日(金)17:00まで
大阪 2018年10月11日(木)17:00まで
名古屋 2018年10月12日(金)17:00まで
プログラム

15:00-15:30
(30分)

「企業へ侵入する脅威の90%以上はメールから」
~今本当に必要なメールセキュリティを考える~

Vade Secure 株式会社
日本支社代表 伊藤 美佳

最新の脅威は、進化したITシステムの中でも脆弱性の残る人をターゲットにアプローチします。市場でもメジャーな製品やサービスを使っているから、メールセキュリティは導入済みだから、それで本当に万全でしょうか?ガートナー社は、昨今のメール経由の攻撃には従来のメールセキュリティが意味をなさないことから、その見直しを提唱し始めました。ここでは、最新のメールセキュリティの攻撃手法を理解し、そのためにどのような対策が効果的かをみなさんと一緒に考えます。

15:30-16:10
(40分)

「AIによる予測型防衛」
~グローバルとローカル、機械学習とアナリスト分析などバランス型予測をAIと共に実現~

Vade Secure 株式会社
日本支社代表 伊藤 美佳
ソリューションアーキテクト 渋谷 律

最新のメール攻撃の傾向においては、多様な観点で分析をし、攻撃から未然に防衛する予測型の全方位対策が必要になってきています。Vade Secure では、10年以上にわたるメールセキュリティ市場に特化した知見を活かし、AIを駆使した先進的メールセキュリティを提供します。市場での導入が加速している Office 365 などのクラウドメール環境では、これらのアプローチに加えてクラウド固有のアーキテクチャを考慮した対策が求められています。このセッションでは、実際の被害事例を挙げて、具体的にどのようなソリューションが必要なのかを解説します。

16:10-16:20
(10分)

-Break-

16:20-17:00
(40分)

「進化し続ける高セキュリティクラウドサービス」
~AI搭載の最新型メールセキュリティの仕組み~

株式会社インターネットイニシアティブ
サービスプロダクト事業部 セキュリティサービス課 課長 木山 貴義

IIJが2006年よりサービス提供している「IIJセキュアMXサービス」は、自社メールシステムのセキュリティ強化やメールシステム全体のフルアウトソース、Office 365 のセキュリティ強化やBCP対策など、様々な用途で業種や企業規模を問わず利用されています。また近年では、Vade Secure社のAIを駆使した先進的エンジンの搭載によりメール攻撃からの防御率をさらにアップさせています。本セッションでは、IIJセキュアMXサービスが最新のメール攻撃に対しても高い防御率を維持し続けている理由とその仕組みについてお話しします。

17:00-

Q&A/個別相談会

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp