ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

 スマートフォンの普及率が85%を超えSNSを利用したコミュニケーションや情報収集が昨今、一般的なものとなっております。
特に10代、20代の学生についてはスマートフォン普及率が90%以上であり、大学からの情報発信においては、SNSを活用した学生向けサービスが必須となってきております。
 学生が普段利用しているSNSとしては、LINE、facebook、Instagramが全体の8割を超えており、コミュニケーションの主体は、すでにメールではなく、LINE等のSNSで行われており、学生向けサービスとして利用される大学も増えてきていますが、セキュリティ対策としては不十分な状況であり、考慮すべきポイントは少なくありません。
 本セミナーでは、伊藤忠テクノソリューションズ社の協賛のもとコミュニケーションツールとしてのSNSの活用とセキュリティ強化の方法についてご案内するとともに、チャットボットを活用した、新しいコミュニケーションツールについてご紹介します。
 また、キャンパス内WiFiネットワークに変わる可能性を秘めた、次世代モバイル通信「5G」・プライベートLTEについて、今後のロードマップとIIJの取り組みについてご紹介します。

 皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2019年10月9日(水)14:30-17:30(開場14:00)
会場
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-2
JR大阪駅から徒歩2分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」 徒歩3分
大阪・梅田、地下鉄や私鉄各駅とも
地下街で直結
参加費 無料(事前登録制)
定員 40名
対象 大学の教職員の方
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催
協賛 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
申込締切 2019年10月7日(月)17:00まで
プログラム
14:30-14:40
(10分)

ご挨拶

株式会社インターネットイニシアティブ
西日本事業部 事業部長 野間 強

14:40-15:25
(45分)

大学におけるデジタルトランスフォーメーションとSNSの活用

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
西日本ビジネス開発チーム チーム長代行 富士榮尚寬

少子化やコンシューマITの進化に伴い、大学等の教育機関と学生や保護者の関係性においても変化(デジタルトランスフォーメーション)が求められてきています。最近、SNSに慣れ親しんだ学生の電子メールの利用が減り、様々な大学においてメールに代わるコミュニケーション手段の検討が始まっています。一方で大学を狙ったサイバー攻撃も多発しており、いかにして安全に学生サービスを利用できるのかが大きなテーマとなっています。本セッションでは、コミュニケーションの変化への対応とセキュリティ強化の両立をするための一つの解としてのSNSと連携したID基盤の姿について事例を交えてご紹介いたします。

15:25-15:35

休憩

15:35-16:20
(45分)

いま、学生サービスってなんだろう?

株式会社インターネットイニシアティブ
西日本事業部 関西支社 技術部 谷本 諒

今の大学に求められる学生サービスとは、どのようなものでしょうか。コミュニケーションのあり方が変わっている中で、大学でも従来型の情報発信だけでは、学生に十分に活用されないことが懸念されます。本セッションでは、チャットボットなど新たなコミュニケーションツールを紹介しながら、いま必要とされる学生サービス、学生とのコミュニケーションを考えます。

16:20-17:00
(40分)

ローカル5G・プライベートLTEを取巻く環境から見えてくるユースケースと課題

株式会社インターネットイニシアティブ
MVNO事業部 ビジネス開発部 小野 大典

ローカル5G・プライベートLTEと言う切口から、5Gネットワークとして提唱されている3本柱「超高速大容量/低遅延/大量接続」を生かしたユースケースとは何か。それらを実現するための環境と課題を、技術/製品/法制度と言った各側面からご説明と、IIJとしての取組状況をご紹介します。

17:00-17:30

Q&A/個別相談会

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
06-7638-1400
seminar-osaka@iij.ad.jp