ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

デジタルトランスフォーメーションの浸透に伴い、クラウド化は避けられない流れとなりました。本セミナーでは、VMC on AWSの最新アップデートから、導入事例を紐解くことで、どのような課題が解決され、メリットを享受できる可能性があるのか理解することができます。

更に、IIJでは世界で初めてvSphereをクラウド提供してきた経験から、vExpertが行った検証結果から移行やネットワークに至るまで、実際の活用を想定したナレッジを余すことなくお伝えします。

エンタープライズシステムのクラウド化に着手している方、オンプレミス資産をどのようにクラウド化すればよいのか迷われてる方は、是非ご参加ください。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2019年10月11日(金)14:00-16:30(開場13:30)
会場
〒102-0071 東京都 東京都千代田区富士見 2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム 3 階
03-6324-1091
・JR線「飯田橋」駅 徒歩 1 分
・東京メトロ有楽町線・ 南北線・東西線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋」駅 徒歩 2 分
参加費 無料(事前登録制)
定員 40名(定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます)
対象
主催
共催 株式会社インターネットイニシアティブ、ヴイエムウェア株式会社、アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
協賛
申込締切
プログラム
14:00-14:05
(5分)

ごあいさつ

株式会社インターネットイニシアティブ

14:05-14:50(45分)
(Q&A 5分)

最新事例と合わせてご紹介!
VMware Cloud on AWSアップデート

ヴイエムウェア株式会社
ソリューションビジネス本部 クラウド技術統括部
リード クラウドスペシャリスト
黒岩 宣隆

VMware Cloud on AWSは現在ハイブリッドクラウドを実現するための最も現実的な解として 日本含めグローバルで多くのお客様環境で利用されております。 本セッションでは、このVMware Cloud on AWSを活用している実際のお客様がお持ちであった課題をどのように解決されたか、 具体的な事例をご紹介するとともに、現在の最新情報ならびに今後のロードマップをお伝えさせていただきます。 

14:50-15:35(45分)
(Q&A 5分)

VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携で実現するクラウドジャーニーの加速

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
パートナー技術本部 ソリューション部
部長/パートナーソリューションアーキテクト
河原 哲也

VMware Cloud on AWSを利用すれば、VMware vSphereベースのオンプレミス環境をAWSクラウドにシームレスに移行、拡張できるだけでなく、様々なAWSサービスとの連携が可能になります。VMware Cloud on AWSで稼働する既存のアプリケーションにどのように付加価値をつけていくか、セキュリティ、ビッグデータ、機械学習、分析などのAWSサービスおよび連携シナリオを中心にご紹介します。

15:35-15:45
(10分)

-Break-

15:45-16:30(45分)
(Q&A 5分)

VMware Cloud on AWSとIIJサービスのハイブリッド活用事例

株式会社インターネットイニシアティブ
システムクラウド本部 クラウドサービス1部 基盤サービスデザイン課
課長 山本 岳洋

IIJはインターネット接続事業で培った技術力をベースに、クラウド、IoT、AIといった領域まで事業を拡大させています。
オンプレミスからクラウドへの移行が本格化しているなか、スムーズなクラウド移行の実現にあたっては移行ツールはもちろん、経験や実績に裏付けされた高い技術力が重要です。本セッションではオンプレミスも含めたマルチクラウドの最新事情と、IIJで活用しているVMware HCX、VMawre Cloud on AWSの最新事例に加え、IIJの強みである「技術力」で実現するクラウド移行ソリューションを実際のユースケースを交えご紹介します。

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 競合他社様、参加対象以外の企業様、個人の方、自営業の方からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。また申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp