ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

SMPTE ST 2110の発刊より2年が経とうとしており、VidMeet開始時から比較するとVideo over IPを巡る情勢は明らかに変化した。放送局にとって2020年代前半はいよいよIPへの移行が現実味を帯びる時代となるだろう。と同時に、技術の送り手の取り組み方も変質してくるはずである。
今回のVidMeetではST 2110の意義を位置付けるべく、以前よりIP技術に取り組んでいた各社の活動やAoIPも含めて振り返りたい。特に日本は2110/2022以前にふたつの独自のIP化方式を市場に投入している。先行技術から学ぶことで、あらためてIPのメリットとは何か、自問しているエンジニアに取ってヒントになれば幸いである。

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。
日時 2020年2月10日(月)13:30-17:40(開場13:00)
会場
JR 中央・総武線「飯田橋駅」
西口改札口から、徒歩1分

東京メトロ 有楽町線「飯田橋駅」/南北線 「飯田橋駅」
神楽坂下方面B2a出口から徒歩2分
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名(定員超過の場合は先着順となる可能性がございます)
対象 Video over IP技術に興味のある⽅
主催 株式会社インターネットイニシアティブ
共催
協賛
申込締切 2020年2月9日(木)17:00まで
プログラム
 

 
13:30-13:40
(10分)

オープニング

株式会社インターネットイニシアティブ デジタルコンテンツ配信部
4K over IP Specialist 山本 文治

13:40-14:20
(40分)

放送技術者から見たSMPTE ST 2110

日本電気株式会社 放送・メディア事業部
菅原 正幸 氏

SMPTE ST 2110は、映像、音声、補助データをそれぞれ独立に扱う局内のIP伝送規格群である。それらの中身は、新たに考えられた要素は少なく、ビデオ伝送などのために通信分野ですでに存在するIETF等の規格を参照することにより構成されている。講演者のように最近になってこの分野に関わった放送技術者には、それらの背景を知らない分、理解が難しい面がある。本講演では、放送技術者の視点で、ST 2110の役割をMapping, Timing, Signalingに大別した解説を試みる。

14:20-15:00
(40分)

IPビデオルータからメディアスイッチングネットワークへ 技術的な課題、トレンドと標準化

株式会社メディアリンクス
中村 和則 氏

2008年に世界最初のIPビデオルータシステムの開発に当たっての技術的な課題と解決方法、その課題が最新の技術ではどう扱われているかを説明し、IPビデオルータで開発した製品をグローバルな素材伝送ネットワーク、スポーツイベントに展開した場合の新たな課題と対応策を紹介します。
併せて、これらの技術がSMPTE2022を始めとする標準化にどのように貢献したか、今後の広域IPビデオ伝送の技術的な方向性、地域的な特徴についても話をします。

15:00-15:10
(10分)

-Break-

15:10-15:50
(40分)

Broadcast Controllerとメディア伝送フォーマットについて

ソニービジネスソリューション株式会社 マーケティング部
池田 俊樹 氏

ソニーのBroadcast Controller であるIP Live System Managerを中心とし、NMI,ST2110,Dante,SDIとの関係性をご説明致します。

15:50-16:30
(40分)

Danteで紐解くAoIPの歴史と最新情報

株式会社ヤマハミュージックジャパン PA営業部 マーケティング課
石橋 健児 氏

ライブサウンド現場やホール・劇場などのプロオーディオの世界では、CobraNetを代表例に早くからイーサネットを利用した多くのオーディオネットワークプロトコルが登場し採用されてきました。近年はIPに対応したDanteやRavennaなどのAoIPがそれらに取って代わるプロトコルとして登場し、いよいよ放送局の音声制作の現場にも採用され始めています。そのようなローカルなプロトコルの普及が進む一方で、標準規格であるST 2110との関係性や相互運用性について今後の展開が注目されています。今回、オーディオ伝送におけるネットワーク技術の利用に関して、AoIPのひとつ「Dante」をベースに、ST 2110との相互運用性や具体的な実用例などを、歴史を簡単に振り返りながらお伝えいたします。

16:30-16:35
(5分)

-Break-

16:35-17:20
(45分)

パネルディスカッション「IPへの取り組みと知見ー2020年代に向けて」

これまでIPの普及に貢献してきたパネリスト諸氏から、その現場で得られた知見を共有いただき、今後のIP普及・導入活動における推進力としたい。

【チェア】
株式会社インターネットイニシアティブ デジタルコンテンツ配信部
4K over IP Specialist 山本 文治
【パネリスト】
日本電気株式会社 放送・メディア事業部
菅原 正幸 氏
株式会社メディアリンクス
中村 和則 氏
ソニービジネスソリューション株式会社 マーケティング部
池田 俊樹 氏
株式会社ヤマハミュージックジャパン PA営業部 マーケティング課
石橋 健児 氏

17:20-17:30
(10分)

クロージング

株式会社インターネットイニシアティブ デジタルコンテンツ配信部
4K over IP Specialist 山本 文治

※ 講演内容・講師は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 申込多数の場合、対象の方を優先させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

電話・メールでのお問い合わせ

IIJセミナー事務局
03-5205-6370
seminar@iij.ad.jp